ある調査によると、結婚した女性が最もストレスに感じることの1位は“夕飯の献立”。
忙しい時間に手際よく作らなければならない上に、健康のことも考えたい…毎日ですから大変ですよね。

特に、既婚の働く女性は日中にできないので、その負担は大きいと思います。

ここでは、忙しい女性必見のリメイク術や時短できる調理法をお伝えします。もちろん、健康にも配慮していきますよ!

1.リメイクで乗り切る

献立が組み立てやすく、負担を軽くする方法は、「副菜を大量仕込みでリメイク、メインだけその日に作る」というものです。

メインの肉や魚なら、焼く・炒めるだけでも形になるし、そんなに手間はかかりません。
でも、副菜となる煮物などは煮込む時間が必要になるため、忙しい時には煩わしいもの。

ですから、これを一気に作り、当日・翌日はそのまま食卓に出し、あとは“手抜き”とバレないようにリメイクしていきましょう。

それではメニューを紹介します。

肉じゃが

男性が好きな手料理のベスト5に入る“肉じゃが”。
味付けに自信がなくても、市販の“めんつゆ”を利用すれば、安心して作れますね。

肉じゃがはジャガイモ、ニンジン、タマネギといった常備野菜だけで作れる上に、ジャガイモのビタミンC、ニンジンのカロテンとビタミンが豊富。タマネギに含まれる塩化アリルは血液サラサラに効果があって、健康にも良い献立です。
ただし、肥満が心配な人は、ジャガイモを少なめにしておきましょう。

まずは、残業のない日や休日などを利用して、数日分を一気に煮込みます。
そして、飽きたらリメイク。

おすすめは「ポテトグラタン」。
素材には火が通っているので、下準備は温めだけでOKです。

汁気を切り、ジャガイモを何個か潰しながら少量の牛乳(あれば生クリーム)を絡め、塩コショウします。とろけるチーズをたっぷりかけてパン粉をちらし、トースターかオーブンで焼き色を付けましょう。

ボリュームが欲しい人は茹でたマカロニを入れてもいいですね。

また、「オープンオムレツ(スペイン風オムレツ)」にリメイクするのも簡単です。

肉じゃがの汁気を切って電子レンジで温めておきます。
卵3個を溶きほぐして軽く塩コショウし、油をひいたフライパンに入れて軽くかきまぜたら、周囲が固まってくるまで火を通します。用意した肉じゃがを満遍なくちりばめ、卵に火が通ったら完成です。

折りたたんで形を整えるオムレツはテクニックがいりますが、オープンオムレツならそのままお皿に盛りつけるだけでOKです。

トマトを粗みじんにして塩コショウしたフレッシュソースや、ケチャップなどを添えて出しましょう。

きんぴら

和食の定番、きんぴらは煮込まないので短時間で作れる副菜です。

食物繊維たっぷりのゴボウと、カロテン豊富なニンジンの組み合わせですが、油溶性ビタミンのカロテンは油と一緒に摂ると吸収力が高まるため、きんぴらはおすすめの調理法でもあります。

もちろん食物繊維は便秘の解消や血糖値上昇の抑制に効果があるので、たくさん摂ってくださいね。

きんぴらは冷凍保存もできるので、たくさん作って小分けし、常備しておきましょう。

…といっても同じ味付けでは飽きるので、リメイク方法も紹介しておきますね。

男性にも喜ばれるのは「かき揚げ」です。
でも、揚げるとカロリーが高くなってしまうので、“焼き上げ”で仕上げましょう。

ゴボウとニンジンだけだと雰囲気にかけるので、スライスしたタマネギを加えます。
材料を混ぜ合わせて揚げ衣(天ぷら粉)とからめたら、多めに油をひいたフライパンで焼きます。
このとき、ゴマ油をまぜると風味がよくなりますよ。

2.時短で作る方法

次はリメイクではなく、調理の時間を短縮する方法です。

茹でながら蒸す

下側(鍋)でジャガイモや煮込み料理を作りながら、上部で蒸し料理を作る方法です。光熱費も節約できますね。

昔ながらの「蒸し器」があれば便利ですが、金属製の持ち手つきザルと深めのお鍋(蓋つき)でも代用できます。

茹でるものの定番はジャガイモや茹で卵などですが、蒸し物への移り香が気にならなければ煮込み料理でもOKです。

蒸すのに適しているのは野菜類。
柔らかく仕上がるだけでなく、水っぽくならない上に、水溶性のビタミン類が溶け出さないという利点があります。
ブロッコリーやアスパラガス、カボチャなどがおすすめです。

また、鶏肉も蒸すとふっくら仕上がる上に、余分な脂が落ちるのでヘルシーです。
蒸し鶏を作っておくと、サラダにプラスしてボリュームアップすることもできますし、あらかじめ塩コショウしておけば、ネギソースなどを掛けるだけでメイン料理もまとめて作れます。

電子レンジとコンロの併用

大きなキッチンなら別ですが、二口のコンロ台だと一度に料理できるのは2種類。
そこで、電子レンジを活用させましょう。

人気の“シリコンスチーマー”を使えば、蒸し野菜も簡単だし、ビタミンも逃げません。
そのまま食卓へ出せるオシャレなタイプも多いですね。

さらに、最近では電子レンジで焼き料理が作れるお皿やシートが販売されています。

シートタイプは100円ショップでも売られており、焼き魚なら3分程度で出来上がります。
グリルだと目が離せないし、片面焼なら魚を裏返さないとなりませんが、レンジでチンなら手間いらず。安心して別の料理に専念できますね。

夕飯作りは毎日のことですから、負担に感じるのは当然のこと。
上手に手抜きして、ストレスを解消していきましょう。