最近では、仕事をしながら、子育てや家事も頑張ると言う女性も少なくありません。
そのため、とても忙しい毎日を過ごしている人も多いようです。
また、仕事も家事も育児も・・・となると、とても大変であり、ストレスも溜まりやすいものです。
それに、一人でゆっくりとした休日を過ごしたい、たまには育児から開放されたいと願う人もいるようです。
家庭は大事ですが、やはり溜まったストレスを解消しないことには、かなり身体にも負担となりますので、気をつけないといけません。

育児ストレスで気をつけること

とにかく忙しいためにイライラがとまらない!

育児と言うものは、それだけでストレスが溜まりやすいものです。
また、育児を助けてもらえる環境では無い場合には、やはりかなりのストレスになってしまう可能性もあります。
その上、仕事も家事もしないといけないとなると、かなりの身体的、精神的な苦労もしないといけません。
そのため、このような兼業主婦の場合には、夫の協力が不可欠となります。
ます、夫が率先して、家事や育児をこなし、妻のサポートを出来るだけしてあげることが大事です。
自分も仕事で疲れている、家事や育児になれていないなど、言い訳をして全くノータッチな夫もいますが、そのような場合には、やはりしっかりと妻が夫にお願いして、助けてもらうようにしなくてはいけません。
妻の言うことを聞いてくれない夫には、自分の母親や義母など、第三者に介入してもらい、話をしてもらうのも良いかも知れません。

子供を預けることが出来る場所を確保しておく!

近頃では、保育園が併設されている職場も沢山あります。
特に病院などの施設では、職員の数を確保したいと言う考えから、院内に積極的に保育園を作ったり、近隣に保育園がある場合もあります。
そのため、このような施設で働くと、保育料の負担も少なくなったり、補助が出たりすることも少なくありません。
医療系の資格があるのならば、このような職場を探すのも良いですが、他にも、チャイルド教室や自宅で子供を預かるサービスをしている家庭もあります。
中には、登録しておけば、病児の保育も可能な保育園もありますので、なかなか仕事が休めない兼業主婦の強い味方となってくれます。

ストレス解消のための施設でも子供を預かってくれる場合もあります!

また、美容室などでも、親がヘアカットをしている間に、子供を預かるサービスを実施しているところもあります。
美容代がやや高い場合もありますが、専門の保育士を採用している美容室もあり、親も安心して任せることが出来るようになっています。
それに、居酒屋やレストランでも、子供を連れて行けるキッズスペースを作っているところもあります。
このような子供が遊べるスペースがあるところでは、親もお酒を楽しむことが出来ますし、目の届くところに子供がいますので、何かと安心です。