家事に育児に仕事…。
そのほか、夫や子供、親戚や学校・幼稚園関係まで取り仕切るのは、結構ハードなものです。

自分のことは後回しにして、朝からフル稼働しても「自分の時間が全くない!」という主婦も多いのではないでしょうか?

そこで提案したいのが、ちょっと早起きして自分の時間を作る『朝活』です。
ここでは、自分自身を取り戻すこと以外にも得られる“朝活のメリット”も併せて紹介します。

1.“朝活”とは?

通常の朝活は、「出勤や通学前の時間を有効活用すること」で、多くは午前4時~9時までの時間帯に“自分のために”何かを行うことを指します。

でも、主婦は家が仕事場です。
通勤することはなくても、夫や子供が起きる前から朝食やお弁当の支度でワーキングタイム開始。
日中は家事に追われ、一息つくころに子供が帰宅という家庭も多いはず。
夕飯の支度をして夫が帰宅、食事の片づけをしたら、もう夜です。

子供が小さい家庭では、1つ1つに手がかかりますし、大きければ食事の支度をしながら宿題の面倒だって見なければなりません。

気づけば、妻や母としてではなく、自分のやりたいことが何もできずにいる毎日に陥っているのです。

これでは、つまらない日々で終わってしまいますね。
…とは言っても、家事が終わる頃には家族がいて、あれやこれやと雑務を頼まれ、自分の時間どころではないのが現実です。

主婦が自分の時間を持とうとしたら、「朝、家族が起きる前の時間」の“朝活”が最適なのです。

手始めに30分、いつもより早く起きてみましょう。
早く起きて何かをしなくても大丈夫。いつもと同じことを少し丁寧にやってみるだけでも心にゆとりが生まれます。

2.なぜ夜ではダメ?

中には「家族が寝てからの時間でいいんじゃない?」と思う人もいるでしょう。

しかし、本来、人間は夜間に眠る動物です。
体は夜の睡眠でバイオリズムを作り、脳を休め、体をリセットしています。

それに、“睡眠のゴールデンタイム”といわれる22時~2時は、成長ホルモンが多く分泌され、美肌やダイエットのためには欠かせない時間帯です。

もし、やるべきことがたくさんあって睡眠時間が5時間しか取れないとしても、この時間帯は優先的に睡眠に充てるべきなのです。
やることがあるのなら、睡眠時間をシフトして、朝にこなすようにしましょう。

3.朝活のメリット

朝起きて太陽の光を浴びることは、現代人に多い“体内時計の狂い”をリセットできます。
体内時計が狂っていると、自律神経やホルモンの分泌などに異常が起こり、体が不調になることが知られています。

これらは歴史あるインドの伝統医学『アーユルヴェーダ』でも述べられており、早起きによって体内時計を規則正しく働かせることで、食事の消化・吸収・同化を助け、心穏やかに、健康で長生きができると考えられています。

体質にもよりますが、アーユルヴェーダでは6時前の起床が推奨されているんですよ。

では、具体的な朝活のメリットを上げてみましょう。

・体の目覚めがスムーズになる
・ダイエット効果が高い
・集中力と効率のアップ

人の体は、眠っている状態では副交感神経に支配されて、体のメンテナンスをしていますが、起きているときは交感神経が活発に働いています。
この移行がスムーズでないと“寝起きが悪い”となります。

しかし、朝のうちに体を動かす時間を設けることで交感神経が刺激され、体を目覚めさせることができます。

また、空腹なので血糖値が低い状態になっているため、活動のエネルギー源には脂肪が使われます。
朝の活動は体脂肪の燃焼に効果バツグンなんですね。

さらに、家族が起きてくる時間(=朝活の終了時間)が決まっているため、自然と無駄なく行うようになりますし、集中力もアップします。

もちろん、朝活の時間帯をアクティブにこなさなくてもOKです。

朝食やお弁当をゆっくり丁寧に作る、ちょっとおしゃれに仕上げてみる…。
今までと違うパターンを作ったり、家族に喜んでもらえたりすると、自分自身の刺激になるはず。

そういう1つ1つがQOL(Quality of Life=生活の質)の向上につながり、“つまらない毎日”からの脱出にもなるのです。

4.お勧め朝活とは?

それでは、これらのメリットを活かしたおすすめの朝活を紹介しましょう。

ダイエット

既に述べた通り、空腹時のダイエットは脂肪の燃焼効果が高まるのでおすすめです。

例えば30分早起きして、ヨガやストレッチをしてみてはどうでしょう。
寝ている間に凝り固まった手足や背中の筋肉が刺激されて、心地よく感じること間違いなしです。

外に出る余裕があれば、ウォーキングもいいですね。
早朝の澄んだ空気の中を歩けば、見慣れた景色も新鮮に映ることでしょう。

ヨガやストレッチ、ウォーキングなどは有酸素運動なので脂肪燃焼に最適ですし、血行も促進されるので、低体温の方にもおすすめですよ。

しかも、朝のうちに体を動かすと、代謝のアップした状態が6時間続くといわれています。ダイエットに効果的ですね!

スキルアップ

専業主婦でも兼業主婦でも、スキルアップを考える人は結構います。
でも、教室に通うとなると費用もかかるし、時間もとれないので、あきらめてしまうことも多いでしょう。

でも、自宅でできることも意外とあるものです。

例えば英会話。
教室に通えれば一番ですが、NHK(Eテレ)の語学番組を録画しておけば、早朝に勉強することもできますね。ラジオなら中学レベルの『基礎英語』が6時から聞けますよ。

録画で勉強するならEテレの『おとなの基礎英語』がイチオシです。
ペラペラでなく、たどたどしい英語に親近感がわき(!)、自分も頑張ろうという気持ちになれます。
現在は、ものまねタレントの福田彩乃さんが出演していますよ。

他にも、興味がある通信教育を受講したり、書店でテキストを購入したりするのもいいですね。

『朝活』は決して無理をして行うものではありません。

毎日が難しければ1日おきでも、週末だけでもいいのです。
週末なら昼寝の時間もとれるかもしれませんしね。

ただ、睡眠時間を削って行うのなら、夜ではなく、朝の時間を削る方が体の負担も少ないですし、メリットも多くあるということです。

ぜひ試してみてくださいね。